山中諏訪神社〜 安産祭りで知られる古社

人皇十代崇神天皇の御代七年(西暦104)、国中に疫病が蔓延。勅命をもって土人創杞しましたが、これが山中諏訪神社(山中諏訪明神)の起源と伝えられています。第六十二代村上天皇子御代の康和三年(966)には、村人が開墾の守護神として、諏訪大明神を奉りました。時代がさらに進んだ天文二十一年(1552)には甲斐国守護武田晴信公が、相模国北条氏との合戦に際し、当神社に御加護を請い奉らんと、本殿を造営寄進しました。貞享元年(1684)には本殿を修築、以来、安産子授けの守護神として崇敬され毎年九月の例大祭「山中明神安産祭り」は、妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に有名です。

ご祭神・例祭日

祭神 建御名方命、豊玉姫命
例祭日 9月4日・5日・6日
境内地 230坪
氏子戸数 500戸
崇敬者数 2000人

フォトギャラリー

山中諏訪神社と大自然

山中浅間神社の周りには豊かな大自然が広がり、春から秋にかけて様々な山野草や木々などが見られます。アジサイ・ヤマボウシ・カエデ・ヤマユリ・アザミなど。また、様々な媒体で取り上げられた「ムササビ」も諏訪神社の名物のひとつ。薄暮の頃、運がよければムササビが滑空しているところが見られるかもしれません。更に山中湖は全国でも五本の指に入る野鳥の宝庫で、四季を通じて多数のバードウォッチャーが訪れます。ここ諏訪神社の遊歩道でも耳をすますと野鳥のさえずりが聞こえてきます。

お問い合わせ先

山中諏訪神社
〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中御所13
TEL:0555-62-3952
email : info@suwajinja.com